川辺に佇むポアンカレ

「水源は不明でも、それでも川は流れている」 (ポアンカレ)





志賀浩二先生の本「数学の流れ30講(上)」(朝倉書店)に上の言葉が書かれてありました。 とてもいいなあ、と思いまして、紹介させて頂きたいと思います。

もちろん、川とは数学のことであり、岸辺に立って流れを見つめても、遠い過去や遥かな未来までは わかりません。それでも、いま、確かに川は流れています。